オギノ

企業情報

山梨県と水素エネルギー社会の実証研究に関する基本合意を締結

オギノでは、地域密着型の小売業として、資源循環型の持続可能な社会、自然と共存できる社会を目指し、「美しい山梨を次世代に引き継ぎたい」という環境方針のもと、様々な環境活動を行っています。

 

この度、オギノと山梨県は、CO₂フリーの水素エネルギー社会実現に向け、P2Gシステムの実証研究における水素利用と普及啓発に、相互に連携し、取り組みことに合意しました。

2020年1月24日 山梨県庁にて締結

長崎幸太郎山梨県知事と弊社荻野社長

 

長崎知事と㈱日立パワーデバイス鈴木部長と荻野社長

 

オギノでは、オギノ向町店の店舗後方に、水素を貯蔵した「水素カードル」と水素の供給により電気を製造する「純水素燃料電池」を設置し、安定的な電力を供給します。これにより、オギノは従来の発電システムよりも環境負荷が低い電力の利用を促進します。

 

20200124 水素エネルギー社会の実証研究に関するプレスリリース