トップ

新卒エントリーはこちら
パートナー・アルバイト募集

ドミナント戦略

TOP > ビジネスモデル > ドミナント戦略

地域密着とフォーマット開発による店舗展開

ドミナント戦略で地域に根ざした店舗網を展開

ドミナント戦略で
地域に根ざした店舗網を展開
ドミナント戦略とは、特定の地域に集中的に店舗展開を行うことで、地域における市場占有率を高め、物流や仕入れ、販売促進などの経営効率を上げ、他社との競争で優位に立つ戦略のこと。オギノでは、このドミナント戦略に基づいて、出店エリアを細かく分類し、人口・交通アクセス・年齢層などの特性を考慮しながら、ドミナントエリアを形成しています。「いつでも」「どこでも」オギノの店舗があることでお客様は日常の買い物が便利になり、オギノは事業の優位性・効率性を確保できる。双方にメリットが生まれるのです。

新しい店舗フォーマットを開発し変化するニーズに応える

新しい店舗フォーマットを開発し
変化するニーズに応える
食料品、住居関連品、衣料品までの生活必需品を中心とした『総合スーパーストア』と、食料品主体の『スーパーマーケット』の2つの店舗フォーマット(業態)を展開するオギノ。その進化形として、お客様に快適で便利に買物をいただけるよう、『スーパーマーケット+ファミリーファッション=日本型コンビネーションストア』や『ファミリーファッション専門店』などの新しい店舗フォーマットを開発。さらに近隣型ショッピングセンターへの出店も推進するなど、時代とともに変化するニーズに、常に柔軟に応え続けています。

山梨・長野・静岡エリアを中心に50店舗体制を目指す

山梨・長野・静岡エリアを中心に
50店舗体制を目指す
1998年の河口湖店出店を足掛かりに、富士吉田店、都留店、上野原店、山中湖店と山梨県・東部エリアでのドミナント化を推進。同時に中西部エリアの店舗網を着実に拡大してきたオギノ。ドミナント戦略の成功により、県内トップの売上高とシェアを維持しています。今後は、既存のドミナントエリアの密度をさらに高めていくと同時に、すでに進出ずみの長野・静岡をはじめ、東京・神奈川各県への進出を視野に入れて店舗を展開。50店舗体制を目標に、リージョナルチェーンへと飛躍していきたいと考えています。

リンク