オギノ

おすすめレシピ

食べて味わう山梨県中央市!つけナポリタン

掲載日:2019年6月14日

  • 30分
  • 699kcal
  • 4.5

※エネルギーは1人前の値です。

材料2人前

  • スパゲティ

    160g

  • 玉ねぎ

    80g

  • ピーマン

    80g

  • スナップえんどう

    4さや

  • にんじん

    60g

  • にんにく

    4g

  • ウインナーソーセージ

    80g

  • とうもろこし

    40g

  • ミニトマト

    6個

  • バター

    10g

  • カゴメトマトジュース食塩無添加

    300ml

  • カゴメトマトケチャップ

    大さじ3

  • カゴメ醸熟ソース ウスター

    大さじ2

  • 砂糖

    小さじ2

  • 顆粒鶏がらだし

    4g

  • 生クリーム

    大さじ2

作り方

  1. 玉ねぎは薄くスライス、ピーマンは輪切り、スナップえんどうは筋を切り半分に、にんじんはスライスし型を抜き、にんにくはみじん切りにしておく。ウィンナーは斜め半分に切る。とうもろこしは包丁でそぎ落とす。
  2. 鍋にバターを溶かし、にんにく、ウィンナー、玉ねぎ、にんじんを入れ炒める。
  3. 玉ねぎが透き通ってきたらピーマン、トマトジュース、ケチャップ、ウスターソース、砂糖、鶏ガラスープの素を入れ味をととのえる。
  4. ミニトマト、とうもろこし、スナップえんどうを入れ、軽く火を通したら深めの器に盛り付け、上から生クリーム、パルメザンチーズをふる。
  5. スパゲティを茹で、水けを切りお皿に盛り付け、バジルをふる。スパゲティをトマトスープにつけていただく。

レシピ考案:薬袋さん

 

山梨県の特産富士桜ポークを使用しています。

トマトやなす、とうもろこしなどたくさんの野菜を使用しています。

食育メニュー

メイン食材夏野菜

シーフードと夏野菜のカレー炒め
夏野菜とエビ、帆立を使った今の時期にぴったりなカレー味の炒め物です。新商品の味付カレーパウダーを使うと簡単に仕上がります。

作り方はこちら

オギノは食育活動を推進しています。

毎月第3土曜日は「オギノ食育の日」活動を行っております。
( 8月 と 12月は除かせていただきます。)