オギノ

オギノの取り組み

富士山の森づくり

 

「富士山の森づくり」活動2016

株式会社オギノは、「美しい山梨を次世代へ引き継いでいきたい」という環境方針のもと、環境保全活動に取り組んでいます。
その一環として、公益財団法人オイスカ様と、「企業の森推進事業」を提唱する山梨県及び甲府市の協力のもと、「オギノの森」甲府市水源林保護事業を、2007年6月より開始し、甲府市荒川ダム東岸の山林1.7ヘクタールを、8年余りにわたり植林・補植・下草刈りなどの森林整備を実施してまいりました。
2014年より、新たな環境保全活動として、公益財団法人オイスカが進める「富士山の森づくり」推進協議会へ参画し、富士山の森林保全活動を約5年間にわたり、実施する事となりました。
「富士山の森づくり」事業の活動区域は、昨年登録された世界文化遺産の中でも、「富士山域」という構成資産エリアに位置し、文化的にもその保全活動の意義は大きい区域となります。
本事業活動区域は、富士山の過酷な環境の中で風倒木被害や食害が発生し、手を入れる必要がある場所であり、富士山の環境や文化の保全の為に、本事業を最重要課題のひとつとして取り組んでいきます。
オギノは、これからも美しいふるさとづくりに努めてまいります。

 

第3回「富士山の森づくり」活動実施概要

開催日時 2016年6月1日(水)
開催場所 富士山三合目手前、標高約1600メートル付近
植林の種類 広葉樹530本
作業内容 植林(補植)、保護ネット設置
参加人員 約130名 (オギノ従業員51名、甲府市内小学校3年生58名、山梨県職員3名、オイスカ職員5名、森林土木業者8名、他5名)
主催 株式会社 オギノ
協力 山梨県富士東部林務環境事務所
小林林業土木
信濃化学工業
富士急トラベル
公益財団法人オイスカ 本部啓発普及部
公益財団法人オイスカ 山梨県支部

 

 

「富士山の森づくり」活動報告 2016年6月1日(水)

 

美しい郷土を次世代に引き継いでいこう。

 

早朝よりオギノ本部を出発した新入社員を中心とした植林チームは天気にも恵まれ植林エリアに到着しました。

 

ヘルメット等の装備備品OK

ヘルメット等の装備備品OK

植林用道具一式OK

植林用道具一式OK

植林チームを乗せたバス到着

植林チームを乗せたバス到着

 

 

全員集合

全員集合

開会式が始まります

開会式が始まります

富士東部林務環境事務所伊藤様よりあいさつ

富士東部林務環境事務所伊藤様よりあいさつ

 

(株)オギノ常務 宇佐美よりあいさつ

(株)オギノ常務 宇佐美よりあいさつ

事務連絡と諸注意

事務連絡と諸注意

備品を配布して作業開始です。

備品を配布して作業開始です。

 

 

作業現場に移動

作業現場に移動

各班長から植林方法の指導

各班長から植林方法の指導

各班ごとに2人1組で作業します。いよいよ作業開始です。

各班ごとに2人1組で作業します。いよいよ作業開始です。

 

社長も新入社員とのペアで作業開始です。

社長も新入社員とのペアで作業開始です。

過去の植林で一番斜度がきついかも!

過去の植林で一番斜度がきついかも!

2~3本の植林を終えてだんだん要領がつかめてきました。

2~3本の植林を終えてだんだん要領がつかめてきました。

 

10時30分ごろ小学校3年生を乗せたバスが到着

10時30分ごろ小学校3年生を乗せたバスが到着

子供達もスタンバイOK!

子供達もスタンバイOK!

オギノ社員に小学生が合流します

オギノ社員に小学生が合流します

 

 

植林の方法を熱心に聞く小学生

植林の方法を熱心に聞く小学生

1~2本一緒に植栽します。

1~2本一緒に植栽します。

がんばれ!

がんばれ!

 

 

昼食をとって午後の作業スタート

昼食をとって午後の作業スタート

果てしなく続く午後の植林コース。時間内に終わるかな?

果てしなく続く午後の植林コース。時間内に終わるかな?

植えはじめは、モーグルのロングコースのようです

植えはじめは、モーグルのロングコースのようです

 

 

斜面はさらにきつく、作業もさらにきつく

斜面はさらにきつく、作業もさらにきつく

30分経過で1/6終了?大丈夫でしょうか。がんばれ!

30分経過で1/6終了?大丈夫でしょうか。がんばれ!

クライマックスは難所の急斜面。植林できるかなあ?

クライマックスは難所の急斜面。植林できるかなあ?

 

 

もうひとガンバリです。どうにか終わりが見えてきました。

もうひとガンバリです。どうにか終わりが見えてきました。

ほんとうにお疲れ様でした。

ほんとうにお疲れ様でした。

バスに分乗して帰ります。

バスに分乗して帰ります。